巻き爪の原因と対策方法

>

まだまだある巻き爪対策

手軽にできる巻き爪セルフケア

爪の切り方以外にも、自宅でできるセルフケアはいくつかありますのでそれぞれ紹介したいと思います。
その前に爪の切り方について補足です。
スクエア型に切ってしまうと、先端の角でストッキングが伝線しやすくなったり、靴下なども引っ掛かりやすくなると懸念している方も多いと思います。
確かに引っかけやすくはなってしまいますので、先端部分はヤスリなどで少し削って角を失くすことをおすすめします。
他にも、爪の厚みを少し薄くするようヤスリで全体を削ってみるのも巻き爪対策のひとつです。
厚みのある爪ほど圧迫されやすいので、薄くすることで圧力がいくらか和らぎます。
ですが、足の爪は歩行や体重を支えるために重要な役割を持っているので薄くしすぎることは危険です。
他にも、巻き爪を矯正するグッズなどもどんどん出ているので、薬局や美容グッズをチェックしてみることもおすすめします。

一人で悩まず病院受診を

それでもやっぱり歩くと痛い、何とかしたいという方はクリニックやネイルサロンに相談してみることをおすすめします。
最近のネイルサロンでは巻き爪専用の矯正グッズを豊富に揃えており、爪の形や巻き具合に合わせたケアをしてくれるところが増えてきています。
巻き爪矯正テープやワイヤー矯正などが主です。
痛みが軽減されたり歩きやすくなったという声を多く聞きますが、それで永久に治ったわけではありません。
ケアを止めた途端にまた巻いてしまったり、痛みが再発することはよくあります。
根本的に治したいのであれば、やはり病院に罹ることが適切な処置ではないでしょうか。
皮膚科や整形外科、形成外科などであれば巻き爪の治療を行ってくれますし、ひどい状態であれば手術を受けることも可能です。
セルフケアでは間に合わないと感じている方は、病院へ相談するのが近道かもしれません。